わたしたちのまんなかに珈琲があります。「確かな選別、熟練の技術、良質の味わい」 ~おいしい以上のおいしさを求めて、すべて手づくりしています。

『てくり』24号 増刷記念販売

2017年に刊行し、ご好評を頂き品切れとなっていた
岩手県盛岡市の新世代ミニコミ誌『てくり・24号』が
この度増刷、機屋に再入荷しました。
巻頭の大坊珈琲店×機屋の“焙煎談義”から始まり、
盛岡にある珈琲屋を知ることができる厚い一冊。
今回機屋では、24号増刷記念として、
大坊珈琲店・大坊勝次さんのサイン入り特別版を限定販売いたします。

てくり24号『マメなはなし~または、珈琲と枝豆と。~』

『てくり』24号 増刷記念販売!

『マメなはなし~または、珈琲と枝豆と。~』

大坊珈琲店×機屋 焙煎談義

盛岡珈琲焙煎事始め/焙煎はおもしろい!〜豆を焼くことに憑かれた男たち。 /「コーヒーづくり」はたのしい! 鼎談編/ほっとする場所。〜自家焙煎 いなだ珈琲舎/and more. . .

増刷記念『大坊珈琲店・大坊勝次さんサイン入り』
※なくなり次第終了となりますので、ご了承ください。
『てくり』とは…?

岩手県盛岡市の「ふだん」暮らしをテーマに、既存の情報誌や広報誌には載ることがない、 ちょっとうれしいこと、おもしろい人、紹介したいものごと…そんな日常の物語たちを集め、紹介する「新世代ミニコミ誌」。24号の珈琲特集のほか、各号さまざまな暮らしや手しごとにスポットを当て、岩手県のいまを発信しています。

編集・発行 まちの編集室

ページのトップへ