プエルトリコ、異国の摩訶不思議な飲み物

プエルトリコ、異国の摩訶不思議な飲み物

4月になり、屋台カフェの活動も順調にいつもの軌道に乗り、

先を見渡せば6月決算に向けて棚卸しの準備へと気持ちを整えていく時期です。

コーヒー豆の倉庫を少しずつ整理し始めました。

プエルトリコの麻袋を発見!「2006−2007」と記載された中途半端に残った生豆。

機屋には1996年物のプエルトリコが茶袋1個ありますが、焙煎するのが怖くて見ない

ふりです。今回は2007年物の方を焙煎しました。

カリブ海のコーヒーの特徴で、香りよく優しい酸味の珈琲ですが

やはり10年以上のエイジングできめ細かい味わいが引き立っています。

極東の島国で、遥か彼方から運ばれてきた異国の珈琲を味わう贅沢は

この上ない楽しみです。

 

機屋店主 関

 

Scroll to Top